離職率が高いその理由とは

介護職はよく離職率が高い職種だと言われる。全産業における離職率の平均は約15%であるのに対し、介護業界の離職率は約17%であるため、それほど差はないと言える。しかし介護業界における離職者の7割以上が3年以内に離職しているため、従業員の定着率が低く、すぐに辞める人が多いというイメージが一般に広まっていることは不思議ではないだろう。ではなぜ介護職の人はすぐに辞めてしまう傾向があるのだろうか。

その理由には様々なものがあるが、離職者の約50%が人間関係および施設の運営方針に不満を抱えていることが分かっている。言い変えれば、介護という仕事そのものというよりも、職場環境に何らかの問題があると言える。また職場環境に問題が発生してしまうのには介護業界ならでは原因がある。
その原因としてまず挙げられるのが女性が中心であることだ。価値観が多様化したため男性介護士も増えてきているが、介護業界ではまだまだ女性が中心だ。女性には女性特有の人間関係があるが、施設に長く勤めている職員を中心とした派閥が形成される傾向があり、そのため新しく入ってきた職員が上手く職場に馴染めないことがある。
また給料も原因の1つだ。介護職は給料が安いとよく言われるが、実際に全産業の平均賃金と比べると確かに安いことが分かる。これは介護業界の構造的問題である。介護施設では提供できるサービスと介護報酬が国によって定められているが、そのために利益を出すことが難しく、施設運営費を作るために人件費の削減を行わざるを得ない現実がある。