施設によって変わる仕事内容

介護職の中で最も求人募集が多い職種は介護士である。無資格・無経験でも始められ、段階的に資格を取得しながらキャリアアップを図ることができるため、新しい分野に挑戦したいという方におすすめだ。ちなみに未経験で転職する場合には、こちらの別の仕事から介護職に転職された方のサイトを読むと色々と参考になるだろう。

介護士として働く場合、働く施設の種類によって仕事の内容も変わってくる。施設にも大きく分けて3種類あり、入居型と呼ばれる施設には特養老人ホームや有料老人ホームなどがある。
重度の介護が必要な高齢者がいる施設では、主に食事介助、排せつ介助、入浴介助と言った身体介護が中心となり、日勤と夜勤の交替制で24時間利用者をケアすることが特徴だ。
次に通所型と呼ばれる施設にはデイサービスセンターなどがある。介護度の低い高齢者が日中に利用する施設であり、レクリエーションやリハビリ、生活援助といったサービスを提供する。また、無資格・無経験でも歓迎している施設が多く、さらに夜勤もないため、介護の仕事が初めてという方に向いているだろう。
最後に訪問型と呼ばれる介護は、介護保険を利用する高齢者の自宅にホームヘルパーが派遣され、排泄介助や清拭、食事の準備や買い物の付き添いなどを行うことだ。軽度の介護が必要な利用者が多いため、実際には身体介護よりも掃除や料理といった身の回りのお世話をすることが中心になっている。だが、ホームヘルパーになるためには、介護職員初任者研修を修了していることが条件となっているため、無資格・無経験では応募することができない。