介護現場の現状とは

介護の現場が何かと話題を集めているのは、やはり高齢化社会の進行という事態が背景にあると言えるのではないだろうか。全国各地には、ケアハウスや老人ホームなどの施設の開園が相次いでいる。現場を担うのは、ケアマネージャーや社会福祉士などのスタッフだ。増え続ける施設では、深刻な人材不足の問題が浮き彫りになっており、施設運営者にとっては大きな課題になっているのだ。介護にまつわる職種に就くことに二の足を踏む学生や若者が多いことも、思うように人材を確保することが出来ない要因の1つだろう。

現場を上手く運営させていくためには、しっかりと知識を持つことも大切だが、入所者との関係を上手く作り上げることも必要なのだ。
現場のスタッフの仕事は、入所者の生活全般の介助がメインになる。トイレや食事、入浴などのなにげない生活の一コマに寄り添ってあげることが求められる。認知症を患っている人もいるため、突然大声をあげることも珍しくない。そのような事態にも慌てることなく対処する必要がある。
意気揚々と介護現場に就職を果たすものの、難しい場面に直面してしまったことがきっかけになり、退職を余儀なくされるケースも少なくない。そういう意味では、現場のスタッフ同士の連携や円滑なコミュニケーションが重要と言えるだろう。

決して楽な仕事とは言えないが、その分だけやりがいは大きい。大きなやりがいを感じられる仕事がしたいという方におすすめだ。